小児歯科

歯の健康は幼少期から重要です。
乳歯はいずれ生え替わるので虫歯になっても
問題ないとお考えになっていませんか?
将来的な歯の健康のためにも、
幼少期から歯の健康を守っていきましょう。

学校歯科検診の結果は
ご覧になりましたか?

学校歯科検診の用紙をお子様がもらってきて、歯科医院を受診するよう書かれていた場合には
お近くの歯医者さんへ用紙を持っていきましょう。
学校検診で問題がなかった場合にも、学校検診は精密な歯科の検査ではありませんので、虫歯が絶対にないというわけではありません。
歯科医院に来ていただくと、明るいライトの下、ゆっくりと時間をかけてお口の中を診させてもらうことが可能です。
この機会に一度歯医者さんでしっかり検査してもらうことをおすすめいたします。

小児歯科とは

名前の通り、お子さまを対象とした歯科治療および予防です。
お口の健康を守る為には、幼少期からの虫歯予防が重要となります。

乳歯は生えかわるので、虫歯になっても大丈夫だと思っている方も多いようですが、乳歯の虫歯や歯の異常が、永久歯に悪影響を与えることがあります。
お子さまが歯医者さんが「怖い」「苦手」と感じる事のない様に、初めから治療を行うのではなく、まずは定期健診で歯医者さんに慣れることから始めていきましょう。
小児歯科ではお子さまが虫歯のない健康な歯で生活していく事を目指します。

当院では、幼稚園や小学校に通っているお子さまにも通っていただけるよう、日曜日・祝日も診療しております。またお子さまの歯科治療や予防だけではなく、歯並びが気になる方のために小児矯正も行っております。

小児歯科とは

小児の歯科治療

乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。穴が開くようなむし歯は削って金属やプラスチックで詰めるのが基本です。もっと深いむし歯や痛んだ歯は神経を取るような処置をして金属冠をかぶせたりします。 いずれの処置も麻酔をして治療されることが多く、時間もかかりますので子どもさんにとっては嫌なものです。乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。お子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。きれいな乳歯はきれいな永久歯や正常な歯ならび・かみ合わせへの第一歩です。治療と同時により予防もさらに大切です。

小児歯科の治療について

まずは歯医者さんに慣れてもらうことから

初めから治療を行うのではなく、お子さまが歯医者さんが「怖い」「苦手」と感じる事のない様に
まずは定期健診で歯医者さんに慣れることから小児歯科を始めていきましょう。

小児の歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。 大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。
特に小さいお子さんの場合は次のことに注意して下さい。
幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。
幼児は歯科治療で嫌がって泣いたり暴れたりすることもあります 汗をかきますので特に冬場などは下着などの着替えを用意してきて下さい。また治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。
待合室ではなるべくリラックスさせるように保護者の方が本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげて下さい。

当院での治療について

乳歯や生え始めの永久歯のケア

虫歯治療に加えて、フッ素塗布や歯磨き指導なども行います。
虫歯予防には歯の再石灰化を促す「フッ素」がとても重要です。歯科医院では、高濃度フッ素によるフッ素塗布を行い、ご家庭ではフッ素入りの歯磨き粉の使用をおすすめしています。もしお持ちでない場合は当院でも販売しておりますので、受付にてお申し付けください。

乳歯や生え始めの永久歯のケア

シーラント

シーラントとは小児の虫歯予防のために行う治療です。
おもに奥歯の溝・くぼみの部分を、専用の素材を使って塞いでしまいます。虫歯の原因となる歯垢・食べカスが溜まりやすい歯の溝は、虫歯のリスクが高い箇所ですので、溝をふさぐことで虫歯リスクを抑えます。また、塞ぐ時に使用する素材にはフッ素が含まれているので、予防効果を高める働きもあります。

シーラントとは

虫歯予防のための定期検診

虫歯予防は、セルフケアの歯磨きのみでは難しい部分もあります。虫歯および歯周病の予防のためにも、3~4か月おきの定期健診をおすすめしています。

虫歯予防のための定期検診

口の中のケガなどのアクシデントへの対応

顔をぶつけた事により歯がグラグラしている、歯が折れてしまった、お口の中が切れて出血している際はすぐにご連絡ください。当院は急患にも対応しております。

口の中のケガなどのアクシデントへの対応

歯並びのご相談

学童期の歯の生え変わり、歯並びとかみ合わせに心配事がある方はぜひお気軽にご相談ください。
矯正の必要があるのかどうかなど、ご相談だけでもお受けしております。

歯並びのご相談

麻酔が苦手なお子さまのために

ある程度進行した虫歯を削る際には麻酔を行います。麻酔は歯を削る際の痛みを抑えるので治療中の痛みはほとんどありませんが、この麻酔自体の痛みが苦手というお子さまが多いのではないかと思います。当院では、麻酔の痛みを抑える表面麻酔など様々な取り組みを行っております。

麻酔が苦手なお子さまのために

診療案内

ご予約はこちらから